まちラボ

LABO
CALENDAR

SHARE

EVENT

イベント

開催レポート 11/5PUBLICK HACK~集まらない賑わいづくり~

開催日時 / 20211105

日時:2021年11月5日(金)18:00~20:00
参加者 現地9名 オンライン最大18名
ゲスト:笹尾和宏氏(水辺のまち再生プロジェクト事務局)

笹尾さんの著書・PUBLICK HACKをもとに「集まらない賑わいづくり」を考えるトークイベント。
公共空間を「使う」ということに着目し、管理者の視点、利用者の視点、傍観者の視点でまちの
賑わいとはどんなものかをみんなで考えました。


プログラム
・PUBLICK HACKとは公共空間を使うとは 笹尾さんより
・協働と参画、市民活動とまちラボ まちラボより
オープンディスカッション(質疑応答含む参加者全員での意見交換)

前半は、笹尾さんより公共空間を使ってできること、
また管理者視点でのお話を、実際の活動事例をまじえて紹介していただきました。


公共空間の自由使用について、法律的ハードルって意外と低いのね!

後半のまちラボとのディスカッションは、
進行役の山岸が笹尾さんのお話に共感しかなかったので議論が成立せず、
参加者全員との意見交換となりました。
いろいろな質問やアドバイスを求める方など、
公共スペースということで行政視点での管理や運営のお話にも発展しました。

共感しかなかった(山岸談)

今回も今地さんによるグラフィックレコーディング

センター分けで似顔絵を描かれたのは初めてです(笹尾さん談)


まちラボが思う「市民活動と協働と参画」と「公共空間を運営するためのマインド」

今後、兵庫駅前のキャナルタウン広場でのイベント実施も計画されています。
神戸でもPUBLICK HACKのように、自分なりのまちとの関わり方、楽しみ方を
見つけて実践される方が増えていくといいなと感じます。
そのためにまちラボに出来ることとして、Public hackerマインド養成所をつくろうかなと思っています。
まずは、PUBLICKクランプを用意しましたので、クランピングデビューしたい方に貸出します。
(近日中にPUBLICKチェアも導入予定)
使ってみたい方、相談したい方は、まちラボスタッフまでお声がけくださいね!