まちラボ

LABO
CALENDAR

SHARE

EVENT

イベント

20200421オンラインでまちサロンVol.2開催レポート

2020.04.23

オンラインでまちサロンvol.02
辻さんシリーズ「絵師:吉田初三郎の描く鳥観図で見る神戸(再)」

オンラインでまちサロンの第2回目は、これまでのまちサロン第3火曜日を担当してくれた地理の専門家:辻信一さんの人気シリーズを再度やってみました。

中でも、吉田初三郎の鳥観図を見る回がとても好評だったため、今回も同時期に描かれた2種類の神戸の鳥観図を見比べてみることにしました。
実際に絵図を前にやるのと、オンラインではどう変わるのかを試すこともできました。

日時:2020年4月21日(火)15:00-16:30
方法:zoomオンラインミーティング
参加者:12名(最大)

プログラム
1.挨拶と自己紹介
2.辻さんから吉田初三郎の鳥観図などの説明
3.鳥観図の観察
4.参加者からの質問や情報共有

吉田初三郎とは(辻さんからの解説)

大正・昭和の広重といわれた絵師。日本全国津々浦々の観光絵図を描いたことで有名。
初三郎の鳥観図は大変人気。いろいろな地域のものを見ることができる。
空間を大胆に構成した鳥観図が特徴で、細部までこだわりのある書き込みを見るのも楽しい。

それでは、さっそく始めます。
今回は、昭和5(1930)年に発行された2種類の鳥観図で神戸のまちを見ます。

発行元が異なる2種類は、細かい部分が少しずつ表現を変えて描かれていて、そんな部分を見比べながら当時の神戸を思い浮かべていきます。
画面共有機能を使って、あらかじめ上下に2枚並べて置いた絵図を表示。

必要な部分を拡大しながら、移動しながら、みんなで見ていきます。

 

前半
・神戸駅を中心に見ていく。当時、鉄道が高架化されたところで、その様子が強調されている。湊川を境に西の方と高架の表現が異なって見える。

・当時のランドマーク的な建築物は特徴をとらえて細かく描かれている。初三郎本人が実際にまちをみて観察していたとのこと。

・初三郎の鳥観図は、平面の地図を基に頭の中で構築して描いている。

・道路の線形を見ると、現在も同じようになっていることがわかる。

・町割りの細街路までは正しく書き込まれているかは不明。

・もともと地上を走っていた鉄道が現在の道路線形に影響。名残がある。
→道路地図と見比べる方法があればいいなー

・当時の新聞社が撮影した空中写真と交互に画面表示。

・駒ヶ林あたりの町割りの違いも表現されている。

・新開地あたりの様子を見てみる。当時の「神戸タワー」も描かれている。

・参加者より、ソウルの初三郎の鳥観図が発掘される(朝鮮博覧会当時?)
→やはり空間を大胆に構成されている。

 

後半

昭和3年に神戸電鉄の開通記念に描かれた鳥観図「神戸電鉄の沿線名所交通図」を見ていきます。前半で見た鳥観図の2年前に描かれた北区の当時の様子や構図などを見ます。

・南を上に配置した構図で、サンフランシスコやハワイまで書き込まれている。

・サンフランシスコは桑港と表記されている

・湊川から神戸電鉄の路線をみていく。駅名が今と違うところもある。

・当時「鈴蘭台」という駅名はなく「小部」となっている。高原風の駅舎も描かれている。

・現在の北鈴蘭台のあたりに「炭酸泉」という表記がある。
→今はどうなっているのか北区役所に問い合わせる。北鈴蘭台か山の街あたり?

・箱木千年家も記載されている。当時から有名だったことがわかる。

・初三郎の鳥観図の表現の特徴として、ピンク色の雲を使って空間の連続性を断ち、縮尺を変えて描いているのも面白さ。

・南を上にした構図は、最近つくられた「逆さマップ」と同じ(北神地区)

 

 

感想や質問(チャットに書き込まれたものも含む)

・地図を実際に見比べるのが難しかった。操作性なども難しい。

・大胆に空間が編集されてて面白かったです!

・面白かったですー!充分楽しめましたよ!

・東京からの参加者の方 昔、神戸に行ったときに見たまちの感じを想像しながら楽しむことができた。初三郎の表現の方法など面白かった。

・神戸電鉄の地図では、粟生線は描かれていなかったが
→神戸有馬鉄道=神有電車と言っていた。

 

おススメの地図アプリなどの情報交換

・京極堂というところで地図データを買うことができる

・吉田初三郎データベース https://current.ndl.go.jp/en/node/40680

・stroly  https://stroly.com/ja/

 

 

今後について

・現代の鳥観図を書いている青山大介さんのものと初三郎を見比べることもしてみたい
・青山大介さんの師匠のものも見たい
・青山大介さんご本人をゲストに呼びたい
→頑張って企画します!!

 

以上、オンラインで初の地図をみるまちサロンでした。

この形式では難しい点もわかりましたが、いろいろと工夫して月に1度くらいのペースで地図のサロンを開催したいと思います。

 

次回は、4/28(火)20:00-21:30 おうちで食べサロン「テイクアウト情報共有しよう」です。夜間の開催になりますが、お時間の許す範囲でご参加ください。

イベントページはこちら!!