まちラボ

LABO
CALENDAR

SHARE

EVENT

イベント

開催レポート 全国駅名研究会神戸支部「粟生線を愛でる会」

開催日時 / 20201218

全国駅名研究会神戸支部 粟生線を愛でる会
2020年12月18日(金)18:30~20:30
参加者13名+スタッフ

これまで「駅名純粋批判」として神戸市内のすべての駅名について考えてきました。
その活動もひと段落したところで、駅名から公共交通が地域発展に与える影響、重要性を感じ取った参加メンバーにより、継続的に意見交換する場を設けることが決定しました。

せっかくなのでメンバーを任意団体として組織化し、活動の幅を広げようということになり
「全国駅名研究会神戸支部」を立ち上げます。

今回は、設立総会として下記プログラムで実施しました。その内容をレポートします。

 

プログラム

・設立総会
・基調講演「粟生線を語る」粟生線サポーターズくらぶ 渋谷さん
・粟生線を愛でる
・全国駅名研究会神戸支部設立賛同署名
・役員選出
・次回活動計画
・神戸アーカイブ写真館より 神戸の鉄道今昔写真の紹介

「設立総会」
前回の駅名純粋批判総集編の最後に「全国駅名研究会神戸支部の設立」の提案が参加者より上がったため、イベント主催のまちラボスタッフとアドバイザーより、研究会の活動目的などを記載した
規約案を提示しました。

内容をみんなの意見で訂正を入れながら完成させ、後ほど研究会設立の議決を取りまとめます。

「基調講演」
今回のテーマである「粟生線」について基調講演を
粟生線サポーターズくらぶの渋谷さんよりお話いただきました。

(粟生線サポーターズくらぶについて詳しくはこちらへ)
粟生線を未来に残したいと思う方たちの任意の活動団体で、
利用促進と沿線の活性化を目標に活動されています。

お話の内容としては、粟生線の歴史やおかれている現状、
サポーターズくらぶの活動、これからの課題について解説いただきました。

いろいろとご苦労されている事なども多いようです。
鉄道事業者、行政機関、沿線住民のみなさんがもっと粟生線に興味や関心を持ってもらえるよう、
今後も頑張っていただきたいです。研究会としても応援したいと思います。

「粟生線を愛でる」

続いて、質疑応答も兼ねて参加者による意見交換をしました。

利用促進についてのアイデアなど、参加者への意見交換のテーマ提示もいただきましたので
自由にアイデアを出していきます。

主なご意見

・「おもてなし切符」がアピール不足
・外部からの利用を増やそうという提案
・粟生線に向かう企画切符をつくろう
・切符を三宮で売るべき(神戸高速は入っていない)
・3000系人気にあやかって、ウルトラマンとのコラボなど
・神鉄観光
・見津車庫で体験運転
・農園的な取り組みを(神鉄園芸)
・北条鉄道との連携がいまいち・・・
・栄・恵比須に関連切符
・レンタサイクル(電動自転車)コベリン西神支部、乗り捨て可
・「粟生ちゃん」というマスコットをつくる
・鈴蘭台阪急百貨店
・パークアンドライドをもっと安くする
・車窓(電車に乗ったときだけ見える景色)アジサイなど
・恵比須にビアガーデンをつくる
・粟生と八多でアオハタ→オリジナル缶詰、ジャム
・副駅名でなにかインパクトを
・小野そろばん駅とか?→廃線Oh!NO!!(おの)駅

特に後半の意見からわかるように「遊び心」のある発想で、楽しみながら意見交換が進みました。

全国駅名研究会神戸支部設立賛同署名と役員選出

設立総会の最後に、設立の賛同名簿への署名をしました。
署名いただいた14名の方から役員を決めます。
選出方法は「あみだくじ」という大変民主的な方法で決定しました。

「次回について」
次回以降の活動については、粟生線以外の路線についても愛でる方向で話が進み
ちょうど2021年に20周年を迎える神戸市営地下鉄海岸線を愛でる会を開催することになりました。

「おまけ:神戸アーカイブ写真館のご紹介」
長田区にある神戸アーカイブ写真館に所蔵されている神戸の鉄道写真の紹介がありました。
鉄道だけではなく、色々な写真資料がありますので、ぜひお訪ねください。


最後にみんなで記念撮影!!次回は1月8日です!!

次回イベント日程

2021年1月8日(金)18:30~20:30
全国駅名研究会神戸支部「神戸市営地下鉄海岸線を愛でる会」